michael_admin

/michael_admin

About michael_admin

This author has not yet filled in any details.
So far michael_admin has created 9 blog entries.

Alphard test

車種編の作業上の心得および注意事項 注意事項 SRSエアバッグおよびシートベルトプリテンショナー 電源切り離し 作業はダイアグコードの確認を行った後、IGスイッチをOFF(LOCK)し、バッテリーマイナスターミナルをはずした後、90秒経過してから開始する。 ■ 注 意 ■ エアバッグ・プリテンショナーシステムはバックアップ電源を備えているため、バッテリーのマイナスターミナルをはずしてから90秒経過しないうちに作業を開始するとエアバッグが作動する恐れがある。 全般的な注意事項 電気的な点検は、トヨタエレクトリカルテスターを使用する。 システム周辺の注意事項を記載したラベルの指示に従う。 絶対に分解しない。 抵抗測定は絶対にしない。 エアバッグおよびプリテンショナー廃却時の注意事項(作動前) 絶対に未作動の状態で廃却しない。(必ずSSTを使用して作動させる) 作動音はかなり大きいため、事前に周囲の人に作動することを周知徹底する。 作動は屋外の安全を確保できる平坦な場所で行う。また住宅地などでは、なるべく作動はさける。 エアバッグおよびプリテンショナーを作動させる場合、SSTを使用してエアバッグ・プリテンショナーから5m以上離れる。 エアバッグおよびプリテンショナー廃却時の注意事項(作動後) 作動したエアバッグ・プリテンショナーは部位によっては数百°C以上になっているため作動後30分以上は放置しておく。 運転席エアバッグASSY & パッセンジャーエアバッグASSY & カーテンシールドエアバッグASSY & プリテンショナーの注意事項 作業時など一時的にでも取りはずす場合は、必ず展開面を上にして保管する。 保管時、エアバッグの上に物を置いたり、エアバッグの重ね置きをしない。 ワイヤハーネス、コネクターの注意事項 エンジンルーム内の不出部を除き、黄色で統一されており、特殊なコネクターが採用してあるので十分注意して取り扱う。 衝突などで衝撃を受けた車両の処置 電気式の溶接機を使用する場合は、エアバッグ、プリテンショナーを取りはずしてから作業を行う。 センターエアバッグセンサーASSYおよびフロントエアバッグセンサーに衝撃が加わる可能性がある場合は、センサーASSYおよびセンサーを事前に取りはずしておく。 基本事項 作業の心得 1 身だしなみ 常に清潔なエンジニアウェアを着用する。 帽子および安全靴を着用する。 2 車両の保護 作業前にグリルカバー、フェンダーカバー、シートカバーおよびフロアマットを装着する。 3 安全作業 輪止めを使用して、車両を固定する。 2人以上で作業する場合は、互いの安全を確認し合う。 エンジンをかけての作業時は、換気に注意する。 高温となる箇所、回転部、摺動部および振動部を作業する場合は、火傷や怪我に注意する。 ジャッキアップした場合は、規定の位置をリジッドラックで支える。 リフトアップした場合は、安全装置を掛ける。 4 工具および計器などの準備 作業前に、ツールスタンド、SST、計器、油脂、ウエスおよび取り替え部品などを準備する。 5 脱着・分解・ 組み付け作業 故障の現象を十分に把握したうえで診断を行い、効率的な作業を行う。 部品を取りはずす前に、組み付け状態、変形および破損状況を確認する。 構造が複雑な場合は、メモを取ったり、機能に影響がないように合わせマークをつけたりする。 取りはずした部品は、必要に応じて清掃および洗浄を行い、点検してから組み付ける。 6 取りはずし部品 [...]

Alphard test2019-04-22T19:27:39+00:00